遺言・相続ブログ

2013年1月 9日 水曜日

成年後見と相続


  家庭裁判所に対して後見人選任の申立て
 をする場合、親族のうち1名を後見人候補者
 とすることが多々あります。

  
 相続で争いになるケース②

  親族による成年後見では、しばしば、その
 財産管理について問題があり、相続発生後、
 相続争いの一因にもなっております。また、
 成年後見人の選任はされていなくとも、被相
 続人の財産管理をしていた相続人と、それ以
 外の相続人の争いはよく聞きます
  財産管理と介護は、その後の相続にまで
 大きな影響を及ぼすのです

  昨年8月に、栃木県西部の知的障害者福祉
 施設で、入所者の成年後見人を務める親族ら、
 約50名に不適切な財産管理があったとして、
 宇都宮家庭裁判所が解任等の処分をしていた
 ことがわかりました。

  親族による後見業務は、自己の財産と被後見
 人の財産が混ざってしまい、また、親族であるが
 故に厳密な区分管理をせずに、ついつい・・・と
 いうことがあります。

  将来の相続争いの種にもなります。正式に家
 庭裁判所で後見人として選任されてないとしても、
 年老いた親の財産管理をされている方は、細心
 の注意を払う必要があります。
 



  

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所