実際のご相談例

2013年1月14日 月曜日

クーリングオフ

 クーリングオフについてのご相談

  ご仏壇の訪問販売を受け、契約したものの取消
 したいとのご相談がありました。

  近年は葬儀社が葬儀終了後にご仏壇を訪問販売
 するケースがあるようです。多くの会社は特別問題
 はなく、私の知る限り、どの業者も悪質なものでは
 ありません。ご相談の業者についても悪質ではなく、
 また、大きな問題はなかったのですが、クーリング
 オフを受け付けなかった点が問題でした。
  お位牌などは彫ってしまっているでしょうからキャン
 セルなどは受け付けたくないでしょう。気持ちは判り
 ます。しかし、クーリングオフは訪問販売のルールで
 す。しっかりと守っていただきたいですね。
  大切な方が亡くなり、親族が困惑しているさなか、
 葬儀においても高いものをすすめ、仏壇も高いもの
 買わせると言った不届きな業者もいるかもしれませ
 ん。十分注意したいところです。
  葬儀社などは生前に決まっているとやはり万一の
 ときには安心です。エンディングノート等を活用し、
 残された家族が困らない様にしておくことが大切で
 す。
  かつては、親族間でのコミュニケーションが盛んで
 このような心配は必要なかったのですが、近年進行
 した核家族化や仕事の都合による帰省の減少など
 が親族間を疎遠にさせ、相続時の問題を発生させて
 いるように思います。エンディングノートを生み出した
 のはこういった社会変化かもしれませんね。

  なお、当事務所ではお付き合いのあるご仏壇店を
 ご紹介しております。小売店としての規模は小さい
 ものの、都内の百貨店などにも卸している超優良店
 です。ご紹介割り引きもあるそうなので、ぜひご連絡
 ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所