実際のご相談例

2013年1月20日 日曜日

離婚のご相談

  離婚のご相談 

 離婚はされないのが一番良いのですが、状況により
致し方ない事もあります。

 いわゆる熟年離婚についてのご相談がありました。
 熟年離婚についての検討ポイントは老後の生活では
ないかと存じます。年金分割についてや自宅が夫婦共
有である場合に、どのように持ち分を整理するか?財産
分与と状況により慰謝料が問題になりそうです。生命保
険などの受取人変更や契約者の変更などの手続きも必
要になるかもしれません。話合うポイントはご家庭の事
情により様々です。

 今回問題になったのは、自宅を買う時に、奥様が頭金
を支払ったにもかかわらず、不動産の名義人になってい
ない。つまり本来共有者として不動産登記がされるべき
ところ、夫の名義で登記されてしまっていた点でした。

 10~20年くらい前の事で、支払った金額などを証明
することが困難なことも多いでしょう。また、離婚に際し
ては当事者同士が話をしたくないというケースもあります。
そのため調停や訴訟となるケースも多いのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所