行政書士服部事務所通信

2013年1月22日 火曜日

離婚と年金

  離婚と年金

 離婚した場合としなかった場合の奥様の年金
について考えてみます。

 離婚した場合でも、基礎年金は個人単位であ
ることから特別な影響はありません。
 問題は厚生年金です。厚生年金には離婚した
場合に年金を分割し、夫婦で分けあう事が出来
ます。ご存じのとおり年金分割です。分割の対象
となるのは結婚期間中に支払った保険料部分で
す。また年金分割はかならずしも半分ずつにする
ものでもありません。最大でも半分ずつです。

 離婚しなかった場合、夫が亡くなると妻は遺族
厚生年金を受け取ります。金額は老齢厚生年金
の4分の3です。
 したがって、離婚しなかった場合で夫が死亡し
た後の年金額は、離婚した場合の年金額よりも
多いことになります。

 もちろん、だからといって離婚はやめようとはな
らない場合は数多いでしょうね。様々なケースが
ありますから、正解はないのかもしれませんね。
 
 
 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所