遺言・相続ブログ

2013年1月23日 水曜日

相続手続き解説②

  相続手続き解説②

 
相続手続きが必要なものにはどのようなものがあ
 るでしょうか?銀行等の預貯金、不動産(土地、建
 物)これらがメインとなります。他にも株式や自動車
 なども考えられます。

  預貯金や不動産(土地、建物)などをバラバラに
 考えると面倒なことになります。これらはすべて、
 相続手続きという一つの手続きなのですから、まと
 めて、どこか一か所で手続きができると楽(当事務
 所はこの考えに基づき活動しています)なのですが
 取扱い機関が違いますから仕方ありません。

  最初から相続手続きの全体像を知っていれば、
 無駄な動きが少ないので、手続きはすこし楽にな
 ります。

  では相続手続きについてです。

  まず、相続手続きの基本は相続人の確定です。
 戸籍の調査により相続人を調べます。そして相続
 関係説明図を作成し、それに戸籍を添付しておき
 ます。そうすることで、相続人が誰であるかを証明
 するのです。
  次に相続財産を確認します。不動産は登記事項
 証明と評価証明書、場合によっては名寄せ台帳も
 用意します。預貯金は通帳または残高証明書です。
  そして、遺産分割協議に入ります。遺産分割協議
 はすべての相続人が参加して行うことになっており
 ますので、遺産分割協議書にはすべての相続人が
 署名捺印をする必要があります。捺印は実印で行
 います。したがって、遺産分割協議書には印鑑証
 明書を添付しなくてはなりません。

              ~つづく~


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所