遺言・相続ブログ

2013年2月18日 月曜日

相続用語解説~法定相続~

  相続用語解説~法定相続~

 相続に関する用語の中には難しいものもあります。そこで、相続用語について簡単に解説することにいたしました。皆様のお役にたてれば光栄です。今回は「法定相続」です。

 法定相続とは、ご存知の方も多いと思いますが、
民法にて定められた相続の形式で、法定相続人と法定相続分という使われ方をします。

 法定相続人とは、配偶者、子、孫などの直系卑属、親、祖父母などの直系尊属、兄弟姉妹になります。配偶者がいる場合は必ず相続人となります。その他の相続人は配偶者と共に相続人となりますが、優先順位があります。①子や孫など直系卑属(子が存命であれば孫に相続権はない)②親、祖父母などの直径尊属(親が存命であれば、祖父母に相続権はない)③兄弟姉妹です。

 法定相続分とは、法律で定められた相続分です。法定相続人の組み合わせにより相続分は異なります。配偶者と子で相続する場合は、配偶者1/2、子1/2 (子が複数いる場合は、1/2を当該人数で割る)。配偶者と親等である場合は、配偶者2/3、親等1/3(親等が複数いる場合は、1/3を当該人数で割る)。配偶者と兄弟姉妹である場合は、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4(兄弟姉妹が複数いる場合は、1/4を当該人数で割る)。

 相続の基本は遺産分割協議です。相続人が遺産分割協議を行い、相続財産の分配を決めるのが基本です。法定相続分を基準とし、それぞれの相続人の状況や被相続人との関係など、あらゆる事柄を考慮して、穏やかに決定してください。ただし、遺言書がある場合は、遺言書が優先いたします。優先いたしますが、場合によっては相続人全員の意思により遺言書を採用せずに遺産分割協議をするという選択肢も否定されておりません。

 遺言書については、また別枠にて解説したいと思います。今回はこれまで・・・。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所