遺言・相続ブログ

2013年2月24日 日曜日

遺言書の作成を検討したほうが良い例

遺言書の作成を検討したほうが良いと思われる例

 遺言書の作成を検討したほうが良いと思われる例をピックアップしてみました。遺言書を作成したほうが良いと思われるケースとしては、二通りあります。

 ①相続手続きをスムーズにするため遺言書があったほうが良いと思われる場合
 ②相続人間で争いになりやすいと思われる場合

 以下のようなケースは、上記①②の典型例と思われますので、ぜひ一度検討してください。

①相続手続きをスムーズにするため遺言書があったほうが良いと思われる場合

 〇相続人以外の人に相続させたい場合(例 介護してくれている長男の嫁)
 〇再婚している場合
 〇夫婦間に子供がいない場合
 〇相続人に認知症、知的障害等の意思能力に不安のある方がいる場合
 〇相続人に未成年の子供がいる場合
 〇相続人に行方不明者や容易に連絡の取れない者がいる場合。
 〇相続人に海外移住者、または外国人がいる場合

②相続人間で争いになりやすいと思われる場合

 〇相続人相互で仲が悪い、または交流がない場合
 〇相続人の配偶者等が遺産分割に口を出してきそうな場合
 〇個人事業主や会社経営者等で事業承継を伴う場合
 〇一部の相続人に対して、生前に多額の贈与をしている場合
 〇相続財産が不動産(土地、建物)のみで預貯金などが少ない場合
 〇相続人のうち親の介護をしている者としていない者との間でコミュニケーションが十分取れていない場合
 

 ※上記に該当するからと言って、必ずしも、相続において争いとなるわけではありません。したがって、ご家族の事情等を十分勘案してから作成してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所