遺言・相続ブログ

2013年4月10日 水曜日

孫への教育資金贈与と相続・遺言

  孫への教育資金贈与と相続・遺言

 孫への教育資金贈与が非常に注目されております。相続税対策としては非常に効果的であり、やがて来る相続税増税に向けて対策が必要な方はぜひ一度検討してみてください。相続税の増税に合わせて課税対象者が大幅に増えますので、今までであれば相続税など気にする必要がなかった方々でも、孫への教育資金贈与を利用して、節税をすることを考える必要があるかもしれません。

 孫への教育資金贈与において贈与税を非課税とするには、信託制度を使う必要があります。そのため、今まで信託銀行とは付き合いのなかった方々も信託銀行の付き合いを開始する事となるでしょう。今、信託銀行では目を輝かせて皆様を待っていることでしょう。

 ここで気を付けていただきたいのは、教育資金贈与はぜひ検討していただきたいのですが、それと同時に、遺言信託や遺産整理業務などを推進してくることが予想されます。しかしながら、銀行等での遺言信託や遺産整理業務などは、従来どおり大金持ちを対象としたサービスですから、私達が提供してる遺言書作成支援や相続手続き代行と同様のサービスでありながら、その報酬は雲泥の差があるのです。それでも銀行に依頼する方がいるわけですから、銀行の信用力は素晴らしいと思っています。

  実際、亡くなった父が信託銀行で遺言信託をし、公正証書遺言を作成し、遺言執行者に信託銀行を指名してあったのですが、その相続人が「遺言執行者(信託銀行)の報酬があまりにも高額なので、遺言執行者を変更したい」との要望がありました(なお、遺言執行者の解任、辞任などは可能です)。

  ですから、教育資金贈与のついでに、遺言信託も・・・と考えると、次の世代に迷惑をかけることもあるので、慎重に検討する必要があるのです。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所