実際のご相談例

2013年9月18日 水曜日

相続の相談事例紹介

   相続の相談事例紹介

  相続の相談事例をご紹介いたします。

  数年前に父がなくなり、相続関係の手続きは一切やっていなかったという方です。兄弟間の仲がそれほど良くなく、遺産の話がしにくいというのが原因でした。喧嘩をするわけでもなく、しかし、気軽に話が出来るわけでもなく、疎遠で、しばらく会っていないという状況です。遺産分割で揉めているわけではないが、話をしていないので何を考えているかわからないといった状況のようです。

  遺産としては、土地および建物と預貯金です。

  長年にわたり相続手続きをしていないと、その後の状況の変化により、手続きが非常に煩雑になる可能性があります。そのため、可能であれば早急に手続きはしておいた方が良いのです。相続税の掛かるような方は、特に相続開始から10か月以内の手続きをお勧めいたします。相続税の特例が使えなくなってしまいますので・・・。

   私が経験した中では、江戸末期の方ではないかと推測される方の所有である土地が出てきたことがありました。こうなると裁判所のお世話になるしかありません。むしろその方が早いでしょう。また、2代、3代前の不動産が出てくることはよくある事です。相続手続きにたくさんの方が関与せざるを得ず、手間も費用も掛かります。

   
   相続手続きは、忘れないうちに、やっておいた方が良いですね。面倒なのはわかります。難しいと言われる方の気持ちもわかります。私達はそのためにいるのです。ぜひご相談ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所