行政書士服部事務所通信

2013年10月23日 水曜日

第3回創業補助金の一次締切

  第3回創業補助金の一次締切


  創業補助金の第3回目の募集の先行締切が過ぎました。どうやら2回目と比較にならないほどの申請が出ているようです。そうなると3回目の最終締め切り(12月24日)にどれだけの予算が残るかが心配です。

  心配ですが予算は必ず残るので、受け付けないという事はありませんが、審査は厳しくなることが予想されます。また、今回の先行締切分についても、今までよりも審査は厳しくなるでしょう。事業計画等が上手く作成されていない方などは、最終回への再申請を検討し、準備しても良いかもしれません。

  せっかくこのタイミングで設立するのですから、獲得したいですよね。

  創業補助金について知らないという方のために、基本的な事を記載いたします。
 〇会社設立、個人事業の開業、事業承継(代表者の変更)を一定の期間内にされる、またはされた方が対象です。
 〇補助対象期間があり、補助対象経費という考え方があります。
 〇補助率は補助対象経費の3分の2ですが、上限(200万円~700万円)があります。
 〇認定支援機関(金融機関等)の支援が必要です。
 〇補助金は精算払いです。来年12月頃に支払われます。
 〇補助金には収益納付があり、儲かった場合は、一部を納付(返済)する必要があります。

  最後の募集になる12月24日の締め切りに向けて、スタート致しましょう。事業計画の作成でお困りの方、これを機に会社を設立しようとお考えの方、ぜひご相談ください!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所 | 記事URL