行政書士服部事務所通信

2015年3月 5日 木曜日

相続・遺言無料相談会について

相続・遺言無料相談会について

 2月に2回ほど実施しました「相続・遺言等の無料相談会」ですが、多くに皆様にアドバイスをさせていただき、皆様から「相談しておいてよかった」というお言葉を頂きました。相談会を開催してよかったと思います。こんな時に「行政書士冥利につきる」と感じるのです。

 今回は、普段はあまりない相談もありました。
 例えば、家族信託についてのご相談や空き家についてのご相談です。後見についての相談はしばしばありますが、相続や後見の延長として空き家対策についてのご相談は珍しいものです。

 しかし、実は相続と空き家対策は分けては考えられなくなっているのが現状です。

 親に自宅があり、子も自宅があります。子が賃貸住宅ならば、いずれ子が親と暮らす事も有るでしょう。親の死後、子が親の自宅、つまり実家を引き取ります。しかし、最近は、家をもっている人が多いですよね。そうなると、親の自宅は空き家になります。

 という訳で、当事務所では、相続相談→相続手続き代行→古家の取り壊し→土地の売却といった、いわばフルコースともいうべき事案が出てきているのです。その為、いくつかの良心的な解体業者に依頼をし、更地にして不動産会社へ案件持ち込むのです。(不法投棄などする業者はもってのほか!責任が依頼主に来ることもあります)

 家族信託のご相談ですが、やはり家族信託を利用するに適した状態というものがあります。なんでもかんでも家族信託というのはいかがなものかと思います。また、裁判事例などが少なく、制度としての成熟度はまだまだです。障害者のいる家庭などでは上手に使えば有益であると思いますが、遺言や保険を上手に使えば対応できることも有ります。

 相続は十人十色です。その家庭、それぞれの案件、関係者が違えば、違った対応が必要です。
 是非、当事務所にご相談ください。
 事務所でのご相談はいつでも受け付けております。
 外出する事が多いので、あらかじめお電話をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所 | 記事URL