遺言・相続ブログ

2013年6月26日 水曜日

遺産相続の手続きができない。

  遺産相続の手続きができない。

 「遺産相続の手続きができない」「相続手続きで困っている」

 その理由は様々です。「銀行で説明されたが、よくわからない」とか、書類が作れない。相続人同士が疎遠で話が出来ない。相続人が行方不明である・・・など。

 しばしばあるケースが、「ご主人が亡くなられて、奥様が手続きをするのですが、奥様がご高齢なため、できない。子供たちも仕事等で忙しい、または住まいが遠い」といったケースです。つまり、相続手続きが面倒であったりとか、除籍だの遺産分割協議だのと日常的でない言葉が多いので、難しい事も多く、手続きが出来ないという方は意外と多いのです。

 遺産相続の手続きは、皆様方が考えているよりも厄介です。一度経験された方は良くご存知かと思いますが、多くの方が「こんなに大変だとは思わなかった」とおっしゃられます。手続き関係や書類の作成が不慣れな方にとっては、除籍・原戸籍の収集や分割協議書等の作成、相続関係図の作成など、ごく一般的にケースであっても悩ましい問題となります。イレギュラーなケースではなおさら困ってしまいます。

 そのため、亡くなられてから3年経過後に、ようやく相続手続きのご相談にみえる方もいらっしゃるのです。3年経過したとしても、ほったらかしになってしまうよりは良いのです。ほったらかしは状況によっては孫やひ孫の世代に大変な迷惑をかける可能性があるのです。

 曽祖父名義の不動産の相続手続きなどは大変です。曽祖父の相続人は祖父の兄弟であり、亡くなっている場合は父の世代に引き継がれ、それもなくなっていたら子の世代へとなります。そのため、相続人が全国各地に総勢20名といったケースも・・・もうどうしようもないですね。

 そんな大変なケースでは、我々専門家が活躍できるのですが、費用が高額になってしまうことも多いのが現実です。ですから、できるだけ早めに手続きをしていただきたいのです。面倒であれば、私達にご相談ください。大変だと思ったら、ご相談ください。我々専門家は、大問題を解決するだけでなく、大資産家の方のみを対象にしてるだけではありません。ごくありふれたご家庭の皆様からのご相談もたくさん寄せられております。

 オーダーメードのサービスで遺産相続に直面されている皆様の、様々なご要望にお応えしていきます!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 行政書士服部事務所 | 記事URL