ホーム > 相続発生後の方

相続発生後の方

相続発生後にこんなお悩みないですか?

相続発生時にこんなお悩みないですか?

相続手続きの進め方が解らない。

遺産分割協議書の作り方がわからない。

遺産分割協議がまとまらない。

相続人の中に、認知症の方、未成年者、海外在住の方、行方不明者がいる。

土地が先々代の名義のまま不動産登記手続きがされていない。


「相続手続きは大変だよ・・・」 一般的に良く言われるこの言葉には二つの意味が有ります。

手続きが煩雑で大変だという意味と、相続人間の権利関係の調整が大変だという意味です。

遺言書があれば、基本的には遺産分割協議書の作成が不要になりますので、手続きが簡便になります。
しかし、ないものは仕方ありませんのでどうにかするしかないのです。

手間がかかるので、何もせず放っておいてしまう事も出来ますが、相続の苦労を子や孫の世代に送っただけであり、その苦労は、時間の経過とともに、さらなる相続の発生により増幅して次の世代に引き継がれていくのです。

こうやって、大量の相続人が存在するどうにもならない土地が生まれるのです。

相続案件を数多く対応経験あり!行政書士服部事務所へ依頼するメリットとは

当事務所へ依頼するメリットとは

当事務所では、相続手続きが円滑に進むように、また、市役所へ、法務局へ、銀行へ・・・と何度も足を運ぶことのできない方を支援するために、相続手続き代行を行っております。

当事務所の代表は、過去に600件以上もの相続に係わっている相続のエキスパートです。

公民館等でのセミナー講師を務めることもあり、個別相談会を実施するなど、知識・経験・行動力を兼ねそろえております。
また、複数の税理士や司法書士、社会保険労務士等と連携しているため、どのような問題にも対応できる万全の体制を整えております。
よくわからない手続きを聞いて回り、時間も労力も費やして、半年経って疲れ果て、結局最後は誰かに頼むという方もいらっしゃいます。
であれば、最初からご相談ください。

当事務所では、オーダーメイドのサービスにより、皆様のお話を丁寧にお伺いし、ご相談をし、ご自身でできる事はご自身で進めていただく事で費用を抑える事も、全てお任せいただき、安心して手続きの完了をお待ちいただく事もできます。
ぜひ一度ご相談ください。まずはお気軽にお電話を!

一般的な相続手続きの手順について

一般的な相続手続きの手順について

特別なケースの相続手続きの手順について

特別なケースの相続手続きの手順について

遺言書があれば遺産分割協議の必要が無くなるため、戸籍の収集は必要な範囲に限られます。したがって、相続手続きの一部が省略できます。

相続人中に行方不明者(不在者)や未成年者、意思無能力者(認知症の方等)がいる場合は、裁判所にて不在者財産管理人や特別代理人、後見人等を選任する必要がありますので、相続手続きはさらに煩雑になります。

遺産分割協議がまとまらない場合は、遺産分割調停となり、調停も不成立に終われば家事審判となります。

相続放棄をされる方は、自己の為に相続の開始があった事を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の申述をしなくてはなりません 。

実際の相続発生時の依頼ケースをご紹介

実際の依頼ケースをご紹介

【Case1.】当事務所のお客様のご紹介により、相続手続きを「全ておまかせ」でご依頼いただきました。
戸籍の収集から相続関係図の作成、評価証明書の取得、ならびに、相続財産がはっきりしなかったため銀行等で財産調査を行い、遺産分割協議書を作成して、相続人全員にご説明し、署名捺印をいただきました。
その後、各金融機関にて相続手続きを済ませ、不動産登記申請を提携している司法書士に依頼し処理をさせました。
本件では、相続税の対象になるケースでしたので、提携税理士が不動産評価をし、各種特例を利用して納税額ゼロの申告となり、すべての相続手続きが完了いたしました。
単純ではない面もありましたが、3~4ヶ月程度で全ての手続きが完了いたしました。
後から聞いたお話ですが、当初税理士事務所に相談し、200万円程必要と言われたそうです。詳しい説明もなく、費用は200万と言われ不快に感じ、一度は依頼されたようですが、お断りしたとのことでした。そういった事情があるとは露知らず、当事務所では総額(当事務所費用・報酬+税理士費用・報酬+司法書士費用・報酬)で130万円程度のご請求でしたので、大変喜んでおられました。

【Case2.】インターネットからご相談の申込みがあり、ご相談の後ご依頼いただきました。相続財産は、土地・建物・預金ですが、土地・建物を引き継ぐ方はいないので、建物を取り壊し、土地を売却することとなりました。一部不足の戸籍を収集した後、遺産分割協議書を作成して署名捺印。各手続きを済ませた後、建物の取り壊しとなりましたが、不動産会社紹介の取壊し業者の見積が高かったので、当事務所で業者をご紹介し、ご紹介価格で取壊しをしてもらいました。不動産の売却先も決まり、売却代金を相続人でわけて全ての手続きが完了致しました。
被相続人の方がお亡くなりになられてから様々な手続きに追われ、相続財産についてはなかなか決まらなかったとのことでしたが、相続人間の意見に大きな隔たりは無く、相続手続きは当事務所にてスムーズに処理させていただきました。また、不動産会社や取壊し業者についても当事務所より話を致しましたので、相続人の皆様には安心してお待ちいただきました。

その他事例はこちら>>